運命の出会い、そんなこと言う自分が想像できませんでした
杏のこんな1日でした
食事会の幕が上がります
2015-10-03-Sat  CATEGORY: CASE・・・結婚への道
CASE018
結婚したいと思っている人の兄弟が一時帰国しているから、
この機会にみんなでご飯食べたいと思っていて・・・
でも、両家顔合わせとかじゃないからね、ただの懇親会と思っていて・・・

こんな風にわたしは両親に話しました。

彼は、なんと言ったのかわかりませんが、ご飯をみんなで食べることになりました。
正直、嬉しかった。ちゃんと伝えてくれたんだって・・・
それから、ドキドキ緊張してきた。

でも、ドキドキばかりもしていられない。
こうやって、みんなに集まってもらったんだから、有意義な時間にしなくては・・・
こんなことを考えながら、食事会に挑みます。

わたしは、天然系にみえたり、しっかり者にみえたり、人によって受ける印象はさまざまですが、
自分では、素を出すまで時間がかかる、奥手で、まわりに合わせてしまうタイプだと思っている。

基本、食事会とかちょっと苦手だったりします。
でも、みんなと時間を共有できる幸せとか、だんだん気付くようになってきて、
そんな場を楽しもうと思えるようになってきたような・・・
家でひとり、のんびりするのは、やっぱり好きですが・・・


食事会の日時や場所は、彼にお任せしました。
変な話ですが、お金のこと。
これは、ウチの両親が持ってくれることになっています。
ありがたいことです。

いよいよ、当日。
わたしは、家族と一緒に地図を片手にお店に向かいます。
立派なお店でした。
お店の中に、待合所スペースがあって、ソファーでくつろげるようですが、
わたしは座ったり、立ったり、視線もきょろきょろ・・・

そして、やってきました。
初めましてのご挨拶をすませ、お部屋に移動します。
いよいよです。
親子

クリックいただけると、うれしいです。
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
<< 2020/08 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2020 杏のこんな1日でした. all rights reserved.