運命の出会い、そんなこと言う自分が想像できませんでした
杏のこんな1日でした
その日がついにやって来た
2015-11-11-Wed  CATEGORY: CASE・・・結婚への道
CASE035
入籍当日。
そして、引っ越しの日。

その日の朝は、朝もやさえも、なんだか特別な日に感じてしまう、そんな心境。
やるべきことをこなしている、忙しい朝なのに、どこか悲哀を感じます。

わたしの荷物は、自分でも驚くほど少なく、段ボール数箱に収まりました。
車で一度にすべて運べる量です。
あ~、がんばったなー

両親が、荷造りを終え、新居に向かうわたしたちを見送ってくれました。
いつもの、変わらない両親なのに、ずっと見ていたい気持ちになります。

そんな出発でした。
今生の別れでもないのに、そういうものなんでしょうね・・・

彼と一緒に、目指すは婚姻届けを出すべく、役所へ。
ハンコも準備してるし、住民票も揃えたし・・・

きょうは、婚姻届けに、転居関係、運転免許の書き換えやら、一気に済ます予定。
お休みは、ふたりとも1日しか取っていません。
とってもうるうるしてしまう、乙女な日でありながら、
現実的な1日でもあります。

新居の住所をまだ覚えていないわたしは、そのたびに彼に確認。
あ~、覚えることがいっぱい・・・

そして、ついに苗字が変わったのでした。

結婚式もしない、指輪もない、わたしたちは、
記念にこの日、ティーポットをひとつ、買いました。
雑貨屋さん

クリックいただけると、うれしいです。
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 コメント0
<< 2015/11 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 杏のこんな1日でした. all rights reserved.